完全自動運転に向けたシステムオンチップとソフトウェアプラットフォームの研究開発(2019年4月~2021年3月)

概要

本研究開発は、完全自動運転に向けたシステムオンチップ(SoC)とソフトウェアプラットフォームの研究開発により、AIエッジコンピューティングにおける限られた計算資源でのリアルタイム性の保証と従来比10倍以上の高速なデータ処理を達成する。Proof of Concept (PoC)を提示しメニーコアやアクセラレータが混在するテロジニアスなSoC上でリアルタイム性を保証したコンパイラ・OSとミドルウェア、自動運転アプリケーションの統合基盤を構築する。本研究開発技術は、適切なシステムインテグレータ(SIer)やサプライヤ(Tier 1/2)を通したライセンス形態で販売するような事業展開を計画している。

成果物
  • LLVM Supporting AXIS ISA (Many-Core Processors in DOM) [GitHub]
連絡先

Email: nedo-ai pf.is.s.u-tokyo.ac.jp


ドメイン特化型IoTプラットフォームの研究開発(2017年6月~2019年3月)

概要

IoT関連製品サービスはPCやスマートフォンに匹敵する市場規模になることが期待でき、各製品サービスのドメインに特化したプラットフォームを開発することが、性能とコストの両面で必要になってきている。本提案では、対象分野の製品サービスごとに共通化可能な要素を抽出することで、単位電力毎の性能で従来比10倍、具体的には20W以下の消費電力で10TFlops相当の性能を達成可能なドメイン特化型IoTプラットフォームを用いた組込みデータ解析システム技術の研究開発を行う。次世代モビリティや監視といった自律系のIoT関連サービスを最初のターゲットとして、株式会社アクセルが主として事業化を進める。成果となるプラットフォームをパッケージングし、システムインテグレータ企業へライセンス販売、ソリューション提供という形態のビジネスモデルを想定している。

成果物
  • LLVM Supporting AXIS ISA (Many-Core Processors in DOM) [GitHub]
連絡先

Email: nedo-iot pf.is.s.u-tokyo.ac.jp